スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGEROU(齋藤智裕)賞金2千万の小説大賞受賞作、なんちゃって。

20101215

KAGEROUKAGEROU
齋藤智裕

ポプラ社 2010-12-15
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




史上最高の賞金2千万円を獲得した水嶋ヒロこと齋藤智裕さんの小説「KAGEROU」がついに発売されました。

アマゾンの販売ランキング1位ですよ。

びっくりしました。



色々びっくりさせてくれる人です。





ところで彼は賞金全額を受け取り辞退したときに、



「多くの作品が生まれるように活用してほしい」



と理由を説明していたけれども、正直他の人の作品の心配する前に、自分の次の作品を書くために使った方が良かったんじゃないのかしらと思いました。

作家としては新人なので気を遣うべき後進なんかいないはずだからね!

まあ、印税が通常通り10%前後だったとしたら、現時点で6千万超えの収入なんで、よけいなお世話かもしれません。





前々から出回っていたあらすじによると、どうやらシリアス系・現代舞台のファンタジーかという感じでしたが若干違っておりました。



以下ネタバレ注意!




紹介文です。


第5回ポプラ社小説大賞受賞作。

『KAGEROU』――儚く不確かなもの。
廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。
「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。
そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。
命の十字路で二人は、ある契約を交わす。
肉体と魂を分かつものとは何か? 人を人たらしめているものは何か?
深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。
そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、
かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。
水嶋ヒロの処女作、
哀切かつ峻烈な「命」の物語。


事前情報通り、なんというか、脱力系コメディという体裁です。
主人公のオッサンが放つオヤジギャグがはまるか鳥肌かで色々別れるかも……。
彼はギャクを言った後「なんちゃって」と続けるんですが、なんちゃってじゃねーよオッサン! と頭を抱えてしまいました。
抱える場所が腹じゃないあたりがポイントです。

で、確かにあらすじは間違ってない。
廃墟と化したデパートの屋上遊園地で自殺しかけた男が謎の黒服と契約を交わします。

なんと謎の黒服の職業は裏のドナー・レシピエントのエージェントだったのです!

「どうせ自殺するんでしょ、だったら死んだ後の肉体を有効活用させてよ、査定してちゃんと見合った金額支払うからさ、OK?」

「オーケイ!」

というのが契約内容。
肉体と魂を分かつものは云々はそのへんから来ているんでしょう。
意識が無くなったらDNAは自分のものであっても、移植された臓器はもう他人のもの、でも科学的には……みたいな。

契約を交わしたからには、もう自分はドナーとして全身提供して死ぬこと決定です。
もともと自殺するつもりだったので特に抵抗することもありません。
ただ、発作的に死ぬのとは違って、その時が来るまでに時間がある程度あるわけですから、男は色々と考えるのです。
自分の身体はどこに行くのかとか、生きるって何かなとか、そういうことを。


ちなみに男が出会った儚き「命」というのが、彼の心臓が移植される少女です。男は人工心臓を埋め込まれてるので、自分の心臓を移植されて助かった少女に会うことが出来たのです。
たいして接触してないのですが、なぜか彼は彼女を愛しいと思うようになります。
自分の心臓が移植されて助かった少女ということで愛着が湧いたのかなと思う部分もありますが、ちょっとわからん。
とにかく、なんか2人は超短時間ですごく仲良しになりました。
愛って言うか、とっても仲の良い友達という関係に見えますが、愛情には違いない!
性欲に直結しない愛情ってのが正しい気がします。


なんか……なんかね……!
もっと料理の仕方があったような気がしてならないよ!


最後のどんでん返しとして、謎の黒服イケメンの京谷は脳内出血で倒れ、使う予定のなかった男の健康な脳が治療に使用され、京谷が目を覚ましたら意識がドナーのはずの男になってました、というのがあります。そのへん明記されてたわけじゃないですけど、たぶんそう。



この作品に2千万払う価値ありと判断したポプラ社は……。
うううーん、本当に正直な話、微妙。
審査員に作家さんとかが何人か入ってたら受賞できたかなあ。

生きるとは何か、とか、そう言うメッセージ性はあるし、ここが書きたかったんだろうな! というのはビンビン伝わってきます。
それは間違いない。
間違いないけど、その主張が強すぎてストーリーにとけ込めずに、すっげー浮き上がって見えるんですね。
あと一番気になったのは、主人公の男が最初から最後までどう読んでも40歳とは思えなかったこと。
せいぜい20代くらいにしか読めなかった。
なので色んな所で違和感があったんだと思います。
なので、小説として面白かったかって訊かれたら、ちと首を傾げるしかないです。

私の口には合わなかったかなと。

コメント

非公開コメント
管理人プロフィール
どこにでもいるような本読み。数年前に社会人になったときに、本の値段は見ずに買うことを誓いました。auのISO5が早く欲しいです。

アキミ

Author:アキミ
FC2ブログへようこそ!

  
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
RSSフィード
コメント
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。