スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華竜の宮(上田 早夕里)

20120102

華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)華竜の宮 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
上田 早夕里 山本ゆり繪

早川書房 2010-10-22
売り上げランキング : 879

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ホットプルームの活性化による海底隆起で、多くの陸地が水没した25世紀。未曾有の危機と混乱を乗り越えた人類は、再び繁栄を謳歌していた。陸上民は残された土地と海上都市で高度な情報社会を維持し、海上民は海洋域で〈魚舟〉と呼ばれる生物船を駆り生活する。
陸の国家連合と海上社会との確執が次第に深まる中、日本政府の外交官・青澄誠司は、アジア海域での政府と海上民との対立を解消すべく、海上民の女性長(オサ)・ツキソメと会談する。両者はお互いの立場を理解し合うが、政府官僚同士の諍いや各国家連合の思惑が、障壁となってふたりの前に立ち塞がる。
同じ頃、IERA〈国際環境研究連合〉はこの星が再度人類に与える過酷な試練の予兆を掴み、極秘計画を発案した――。
最新の地球惑星科学をベースに、地球と人類の運命を真正面から描く、黙示録的海洋SF巨篇。


びっくりするくらい夢中で読みました。
SF小説です。
地球環境が激変して海抜が急上昇、ほとんどの陸地が海に沈みます。
それに遺伝子レベルで改変・適応した海上民と、陸上民。
海上民は必ず魚舟という生きものと双子として生まれて、魚舟は海で生き残って育てば、やがてヒトとして生まれた片割れのところに戻ってきて、相棒として一緒に海で暮らすのです。
もちろん、育たずに死んでしまう魚舟もいるし、魚舟が生き残ってもヒトが育たないこともあって、ヒトの相方を失った魚舟は野生化して獣舟になり、陸のヒトや動物を襲います。

どんどん変わっていく政治情勢とか地球環境の中にあって、補助脳という疑似人格と共に外交官として働く青澄という青年と、海上民のコミュニティのオサ・ツキソメを中心に進む物語に本当に夢中になりました。
最後の最後、ギリギリまで暴力を否定して対話による交渉のみで乗り切ろうとする青澄と、自分の生き方を貫くツキソメ、彼らを取り巻く人々……みんなとても魅力的です。

魚舟とヒトの関係も、ロマンに溢れています。
厳しい環境を生き抜くために出来上がった生存のためのシステムなのでしょうけれど、彼らの結びつきや、海上民たちの形成するコミュニティが、人間味があってどこか温かくていいなあと思わせてくれます。

最後、さらに過酷に変わっていく環境の中で人類場滅亡の危機にさらされ、疑似人格を持った補助脳たちは記録を持って宇宙に出されます。そこでの彼らの会話に深く頷かされて、心から良い物語だったなと余韻を残したまま本を閉じました。

スポンサーサイト

銀河英雄伝説、文庫で再読中。

20110206

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)
田中 芳樹

東京創元社 2007-02-21
売り上げランキング : 15367

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私が昔揃えたのは一番最初の新書です。
この前舞台を見て再読しようと思ったら、フォントは小さいし古すぎて所々かすれ始めてるし、もうこれは揃え直すべきだろう!

ということで、装丁のカッコイイ創元SF文庫版でがっつり揃えました。
そしたら帯が全部舞台の宣伝帯でちょっと笑いました。
ちなみにイラスト入りが良ければ徳間からも出ています。

今更ここで語る必要なんまかったくないくらい有名な作品です。

宇宙を舞台に超絶美形の男ラインハルトが「俺は宇宙を手に入れる!」と軍隊に入って武勲を重ねて本当に皇帝にまで上り詰め、一方民主主義を標榜する自由惑星同盟で嫌々軍人をやってるヤンは、本気で軍人やってる人々を差し置いて不敗を誇る……。


まあ登場人物はめちゃめちゃ多いわ話は壮大だわ、とにかく凄い話。

そして2巻読み終わったあとは三日ほど社会復帰できなくなってしまうし、ヘタに寝る前に読み始めたら寝不足だし、いろいろと敵の多い作品です。

あ、誤解しないでいただきたいのですが大プッシュしてます。


読み始めたのは中学生の時ですが、周りに一緒に盛り上がってくれる同級生がいなくて大変寂しく、家庭教師のお兄さんと勉強をっちのけでヤンとキルヒアイスのすばらしさを語り合っておちました。
そんなんしてるから成績が残念なまま水平移動だったんですね。

KAGEROU(齋藤智裕)賞金2千万の小説大賞受賞作、なんちゃって。

20101215

KAGEROUKAGEROU
齋藤智裕

ポプラ社 2010-12-15
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




史上最高の賞金2千万円を獲得した水嶋ヒロこと齋藤智裕さんの小説「KAGEROU」がついに発売されました。

アマゾンの販売ランキング1位ですよ。

びっくりしました。



色々びっくりさせてくれる人です。





ところで彼は賞金全額を受け取り辞退したときに、



「多くの作品が生まれるように活用してほしい」



と理由を説明していたけれども、正直他の人の作品の心配する前に、自分の次の作品を書くために使った方が良かったんじゃないのかしらと思いました。

作家としては新人なので気を遣うべき後進なんかいないはずだからね!

まあ、印税が通常通り10%前後だったとしたら、現時点で6千万超えの収入なんで、よけいなお世話かもしれません。





前々から出回っていたあらすじによると、どうやらシリアス系・現代舞台のファンタジーかという感じでしたが若干違っておりました。



以下ネタバレ注意!




紹介文です。


第5回ポプラ社小説大賞受賞作。

『KAGEROU』――儚く不確かなもの。
廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。
「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。
そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。
命の十字路で二人は、ある契約を交わす。
肉体と魂を分かつものとは何か? 人を人たらしめているものは何か?
深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。
そこで、彼は一つの儚き「命」と出逢い、
かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。
水嶋ヒロの処女作、
哀切かつ峻烈な「命」の物語。


事前情報通り、なんというか、脱力系コメディという体裁です。
主人公のオッサンが放つオヤジギャグがはまるか鳥肌かで色々別れるかも……。
彼はギャクを言った後「なんちゃって」と続けるんですが、なんちゃってじゃねーよオッサン! と頭を抱えてしまいました。
抱える場所が腹じゃないあたりがポイントです。

で、確かにあらすじは間違ってない。
廃墟と化したデパートの屋上遊園地で自殺しかけた男が謎の黒服と契約を交わします。

なんと謎の黒服の職業は裏のドナー・レシピエントのエージェントだったのです!

「どうせ自殺するんでしょ、だったら死んだ後の肉体を有効活用させてよ、査定してちゃんと見合った金額支払うからさ、OK?」

「オーケイ!」

というのが契約内容。
肉体と魂を分かつものは云々はそのへんから来ているんでしょう。
意識が無くなったらDNAは自分のものであっても、移植された臓器はもう他人のもの、でも科学的には……みたいな。

契約を交わしたからには、もう自分はドナーとして全身提供して死ぬこと決定です。
もともと自殺するつもりだったので特に抵抗することもありません。
ただ、発作的に死ぬのとは違って、その時が来るまでに時間がある程度あるわけですから、男は色々と考えるのです。
自分の身体はどこに行くのかとか、生きるって何かなとか、そういうことを。


ちなみに男が出会った儚き「命」というのが、彼の心臓が移植される少女です。男は人工心臓を埋め込まれてるので、自分の心臓を移植されて助かった少女に会うことが出来たのです。
たいして接触してないのですが、なぜか彼は彼女を愛しいと思うようになります。
自分の心臓が移植されて助かった少女ということで愛着が湧いたのかなと思う部分もありますが、ちょっとわからん。
とにかく、なんか2人は超短時間ですごく仲良しになりました。
愛って言うか、とっても仲の良い友達という関係に見えますが、愛情には違いない!
性欲に直結しない愛情ってのが正しい気がします。


なんか……なんかね……!
もっと料理の仕方があったような気がしてならないよ!


最後のどんでん返しとして、謎の黒服イケメンの京谷は脳内出血で倒れ、使う予定のなかった男の健康な脳が治療に使用され、京谷が目を覚ましたら意識がドナーのはずの男になってました、というのがあります。そのへん明記されてたわけじゃないですけど、たぶんそう。



この作品に2千万払う価値ありと判断したポプラ社は……。
うううーん、本当に正直な話、微妙。
審査員に作家さんとかが何人か入ってたら受賞できたかなあ。

生きるとは何か、とか、そう言うメッセージ性はあるし、ここが書きたかったんだろうな! というのはビンビン伝わってきます。
それは間違いない。
間違いないけど、その主張が強すぎてストーリーにとけ込めずに、すっげー浮き上がって見えるんですね。
あと一番気になったのは、主人公の男が最初から最後までどう読んでも40歳とは思えなかったこと。
せいぜい20代くらいにしか読めなかった。
なので色んな所で違和感があったんだと思います。
なので、小説として面白かったかって訊かれたら、ちと首を傾げるしかないです。

私の口には合わなかったかなと。

キケン(有川浩)

20100131

キケンキケン

新潮社 2010-01-21
売り上げランキング : 113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


面白かった!

この人のリズム、楽しくて大好きです。

図書館戦争以外は全部楽しい。

なぜか図書館~は微妙に外しているんだよなー。面白いのは面白いんですが。

なんでだろう……いっそ不思議。



とにかく、大学時代のハイテンション、全力で本気で遊ぶ!

という情熱がつまりまくった楽しい本です。

昔がちょっと懐かしくなりました。

あのころは色々とやんちゃをしたものです。

青のフェルマータ(村山 由佳)

20091208

青のフェルマータ Fermata in Blue青のフェルマータ Fermata in Blue
村山 由佳

集英社 2000-01-20
売り上げランキング : 237332

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


両親の不和、離婚から言葉を失った里緒は、治療に効果的だというイルカとのふれあいを求めて、オーストラリアの島にやってきた。研究所のイルカの世話を手伝って暮らす彼女に島に住む老チェリストJBが贈る「フェルマータ・イン・ブルー」の曲。美しいその旋律が夜明けの海に響いたとき、海のかなたから野生のイルカが現れて―。心に傷を持つ人々が織りなすイノセントでピュアな愛の物語。





急に読み返したくなって心の赴くままに再読。

ささくれだってた気持ちがちょっと落ち着きました。

透明で深い小説です。
管理人プロフィール
どこにでもいるような本読み。数年前に社会人になったときに、本の値段は見ずに買うことを誓いました。auのISO5が早く欲しいです。

アキミ

Author:アキミ
FC2ブログへようこそ!

  
最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
RSSフィード
コメント
カウンタ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。